バイアグラを使う際の注意点

ニトログリセリン系の薬の併用は命に関わる

バイアグラ単独で服用した場合は、命の関わることはほとんどありません。
一つだけ命に関わる併用薬があり、これが注意点です。
ニトログリセリン系の薬で、狭心症や心筋梗塞の治療薬として使われています。
先ほどバイアグラは狭心症の治療薬として研究に着手されたと書きましたが、まさにそれが併用してはいけない理由とつながっています。
ニトログリセリンもバイアグラも、どちらも血管を拡張して血流を促すタイプの薬です。
なので、併用すると薬の効果がダブルで出てしまい、血圧が下がりすぎてしまいます。
あまりにも血圧が下がりすぎると、ショック状態になって命に危険が及びます。
正確には、ニトログリセリンなどの硝酸剤や、重度の不整脈の薬であるアンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠とも併用禁忌になっています。
硝酸剤で気をつけたいのは、飲み薬だけではなく吸引薬や注射、スプレー、塗り薬などにも硝酸剤が含まれているからです。
これらと併用しなけば、命に関わることはありません。

バイアグラとは何かニトログリセリン系の薬の併用は命に関わるうつ病の治療薬も要注意